化粧水に配合される保湿成分を徹底比較

保湿効果が高い化粧水を使用すれば、肌の潤いをアップさせることが期待できます。

独自のシステムで化粧水の比較の様々な相談を受けることができます。

ですが、一言で保湿成分と言っても多くの種類があるので、自分の肌質にあったものを選ぼうと思ったら、それぞれの特徴を十分に比較することがポイントになってきます。

保湿成分の1つであるセラミドは、肌の表皮と呼ばれる部分にある成分です。

肌の一番表面に近い部分に存在し、細胞と細胞の間で水分を抱え込むような働きをしています。

このような働きをする細胞を細胞間脂質と呼びますが、セラミドは細胞間脂質の約50%を占める重要な成分となっています。

化粧水で補っていく場合は、肌馴染みの良いヒト型セラミドを選ぶことで、保湿効果を比較的高めることが期待できます。



コラーゲンはセラミドと比較して肌の奥深く、真皮と呼ばれる部分にある成分です。
コラーゲンには水溶性と油溶性の2つのタイプがあり、どちらを使用するかで保湿効果が変わってきます。

水溶性コラーゲンは肌の表面の潤いをアップさせるのに優れています。一方の油溶性コラーゲンは皮脂を利用して肌に馴染むのが特徴です。

さらに脂溶性コラーゲンは、低分子のものを選ぶことで角層にまで浸透させることが期待できます。ヒアルロン酸はコラーゲン同様に真皮にある保湿成分です。水分を抱え込む働きに優れていて、保湿と同時に肌の弾力のキープにも大きく関わってきます。

ヒアルロン酸は40歳を過ぎると急激に減少してしまう成分なので、年々、肌の乾燥を感じるようになったら化粧水で補ってみるのがおすすめです。